おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停までのイキサツ35:妻と義父の最初の攻撃-その4

トップ >>  

離婚調停までのイキサツ


不倫して、妻に離婚調停申し立て中のおっさんです。

彼女への攻撃を開始しつつ、私への攻撃の手をいっこうに緩めることのない妻と義父でした。それほどの恨みを買ってしまったということだとは思いますが、だからといってこちらとしてもミスミスそのままにしておく訳にもいきません。私がやったことは、私に対する裁判でも起こしてケジメをとってもらう以外に方法はありません。それは誰が見ても当たり前のことですが、当事者になるとその見境がなくなってしまうのでしょう。ただ、そのようなことをしても何の問題の解決にはならず、余計に問題を拗らせてしまいます。だからといって彼らの気持ちが分からないわけではなく、責める気持ちもなく、ただただ残念に思うだけです。

私はインターネットで調べ、弁護士会館で行われている法律相談所へ向かいました。明らかに法律スレスレの嫌がらせをされていたので、法律の専門家に相談をしないと何も対処ができないと考えたからです。そして、そこで相談に乗っていただいた弁護士の先生がこの事件を担当してくれるといっていただいたので、妻との離婚も含めてお願いをすることにいたしました。
私が弁護士の先生の事務所で打ち合わせているところに、ヤクザまがいの債権者よりタイミングよく私の携帯に電話がありました。すぐに弁護士の先生に電話を代わっていただき今後はすべて弁護士の先生を通すように伝えていただきました。また、正当な債権譲渡はされているのかなどの突込みを入れていただきました。

私の弁護士採用で不意を衝かれたので、ヤクザまがいの債権者達は私に直接何もできなくなり、また私の会社宛へのファックス攻撃がまったく意味がないことを知ったのか、妻と義父は矛先を違う方向に向けました。

彼らは私の実家に、ヤクザまがいの債権者を向かわせました。

ある平日の白昼、ヤクザまがいの債権者は私の両親と姉が住む実家を訪れました。たまたま出かける直前の母親がまだ家にいましたが、そのヤクザまがいの債権者達はドアをたたき、大声を上げてわけのわからないことを叫びまくっていたそうです。

私の母親は恐怖でどうしたらよいのか分からず、ただただインターフォン越しに、帰ってくれ、何も知らない、と言うのが精一杯だったそうです。しかも30分くらいそのような行為を行った後に、10分後に再度同じ行為を繰り返したそうです。2度目の訪問後に母親はすぐに私の携帯宛に連絡をしてきました。このころはいつ誰に何があるか分からなかったので、仕事中も携帯を肌身離さず持っていたのですぐに出ることができて、母親に何も答える必要はなくドアを開ける必要もないから、再度彼らがやってきたら絶対に相手にせずに、すぐに警察に通報するように伝えることができました。

私もすぐに弁護士の先生に連絡を取り、事情を話し、私が母親に伝えたことも話しました。すると弁護士の先生は、大声を張り上げたりしなくても、その人が恐怖を感じたという時点で現行犯であれば恐喝になるので、すぐに警察に電話するということは正しい判断ですと教えてくれました。

私はすぐに実家に行きました。そして弁護士の先生に相談したことをいろいろと伝えにいきました。



こんなおっさんにエールを★
人気blogランキングで応援お願いします!


スポンサーサイト

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活


コメント
この記事へのコメント
奥様と奥様の両親のお怒りになる気持ちは良く分かります。
ただ、法に触れるような事やおっさんの両親まで巻き込むのはいかがなものかと。
おっさんと彼女に対しては加害者なわけだし、罵声を浴びせるとか慰謝料請求までの復讐は親心として理解できるんですが。
当事者ではない肉親まで一まとめにして怒りの矛先を向けるのは違う。そこまでしておっさんに娘を傷つけた事を後悔させてやらなきゃ気がすまないって方向に傾いているのかな?
怒りをぶつけるにしてもやり方を間違えたら自分の首を絞める事になるのに…。
義父の為にも間違った復習方法は後々自分の首を絞める事になるというのを理解してもらったほうがいいですね。
エスカレートして取り返しの付かない事になるのが奥様にとっても不幸だし。
2006/05/25 (木) 13:26:53 | URL | 確かに。 #-[ 編集]
読みきりました。
私は子供側の立場としての意見ですが、今のように法的とかそういうのを使ってくれなくてほ~っとしています。父は愛人にのめりこみ母にバレ毎晩罵声を浴びせておりました。酒によって愛人宅に行ったこともあります。子供の立場からしたら、不倫して女にのめりこんでる父親、それに逆上して包丁ふりまわして酒飲んで暴れまわるという、それだけでも子供心に重かったし辛かったのに、警察や調停にならなくてよかった…。傷は私の代で終わるでしょうから。けれどお子様は私と一緒でず~っとその惨劇を脳裏から忘れ去る事は出来ないでしょうね。
私はまだ昨日の事のようにふとおもいだします。別にだからって事もないけですけれど。お子様にだけは優しく接してあげてくださいね。
2006/05/24 (水) 01:02:12 | URL | にんぢん #9DD8ZWDM[ 編集]
おっさんさま
ここ最近のレス、逆切ればかりですね。
見苦しいです。
批判が多くてうんざりですか?
でも批判が集まるにはそれなりの理由がありますよ。
そのあたりを考えられた方がよいかと思います。
2006/05/13 (土) 09:18:37 | URL | あけ #-[ 編集]
彼女は大丈夫?
2006/05/08 (月) 11:26:43 | URL | あの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。