おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停までのイキサツ23>>送られた内容証明

トップ >>  

離婚調停までのイキサツ


不倫して、妻に離婚調停申し立て中のおっさんです。

義父が私の両親や彼女、彼女の両親に嫌がらせをしないように、借用書に署名してから10日間くらい経ったある日。それは私と彼女が完全に会わなくなってから約1ヶ月くらいした日でもありました。昼間に彼女から喫煙所へ呼び出されました。

「内容証明が送られてきているみたいなんだけど、おっさんのところじゃないの?」と彼女に聞かれました。私は何のことだか理解できず、「えっ?」と聞き返しました。
「不在票がポストに入っていて、それが内容証明だということ。内容証明を送られる覚えはおっさんとの件くらいしか思い当たらないから聞いてるの。奥さんが訴えたんじゃないの?」と彼女が説明をしてくれました。「いや、そんなことは妻から聞いてないよ。それに義父とはこの前借用書を作成した時に、何もしないという約束をしてもらっているから、おそらく違うと思うよ。」と私は言いました。「そうかな~?まぁ、一応奥さんに聞いてみてよ。」と彼女は言って、彼女とのささやかな会話のひと時は終わりました。

私は帰宅すると妻に内容証明を送ったかどうか聞いてみました。すると「送ってないよ。そんなのまったく知らないよ。」と妻に言われました。私は、やっぱり送ってないんだよな、そうだよ、約束したもんな、と思いホッとしました。

翌日、彼女に伝えると、「そんなはずないじゃない。じゃ、奥さんのお父さんが勝手にやってるんじゃないの?ちゃんと確認してよ。」と言われてしまいました。私は、内心義父とは約束しているから大丈夫なはず、と思いましたが、「確認してみるよ。」と言いました。その日の夕方に義父に電話をして、会う約束を取り付けました。

義父とは喫茶店で会いました。私は、彼女宛てに内容証明が送られてきたそうで、彼女には心当たりがなく、今回の件で義父が送ってはいないか確認してくれと言われたのだがいかがでしょうか、と義父に聞きました。すると義父はニヤッと笑い、「俺だよ。俺が送ったんだよ、娘には内緒でな。」と言いました。私は驚き、「この間の約束は。。。?」と聞くと「俺はやるといったらやる男だからな。あのパンスケのところに乗り込んだ時に言っただろ、慰謝料請求したやるって。」と義父は答えました。私は愕然としました。確かに彼女のところへ乗り込んだ時に脅し文句で言ってはいましたが、最後には「しょうがねぇ、この辺にしておいてやるよ」見たいな感じで、請求をするぞとは一言も言ってませんでした。おそらく思い込んでしまったのだと思いますが。

そしておもむろに、スーツの内ポケットから「コレだろ?」と原本を差し出して私に見せました。私は「彼女はまだ受け取りに行っていないので、見ていないからそれかどうか私は知りません。」というと、「ほれっ、読んでみろ。」と義父は言って私に原本を手渡しました。内容としては、妻がひどく精神的苦痛を受けたのでその償いをしてもらいたい、ただしことがセンシティブなのでなるべく穏便に解決したいと考えている、というものでした。そして義父から、「受け取りから1週間後に何かしら返事をしないと裁判になっちまうから、すぐに差出人になっている弁護士に連絡するように伝えておけ。そうすれば何も起こらないから。」と言われました。

私は、これは大変だと思い、すぐに彼女にこのことを伝えました。すると彼女は分かったと言い、すぐに内容証明を郵便局へ受け取りに行き、記載されていた弁護士へ連絡を取りました。

ここから、彼女の戦いが始まることとなりました。。。


こんなおっさんにエールを★
人気blogランキングで応援お願いします!


スポンサーサイト

テーマ:離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活


コメント
この記事へのコメント
再び、りょうさんへ
hohさんへのレス、ありがとうございました。

またも的確なお答えをいただきまして、本当にありがとうございました。
2005/11/06 (日) 13:21:15 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
hohさんへ
コメントありがとうございました。

できることなら記事へのご意見、ご感想をコメントに入れていただけると幸いです。今回は読者の皆さんにも有意義なご質問でしたのhohさんのコメントは削除はいたしません。

りょうさんへのご質問ですが、私のつたない知識からのお答えで申し訳ありませんが、慰謝料の請求金額はいくらでも可能です。それが判決として下るかどうかは別問題です。

次回もコメントよろしくお願いいたします。
2005/11/06 (日) 13:18:56 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
エグさんへ
コメントありがとうございました。

法律に詳しくはありませんが、今回のことを通じて感じたのは、法律って加害者・被害者双方の人権を認めているところから処罰が決まる、という基本的な概念から、被害者にとって満足のいかない判決が出ることがあるようです。その結果から被害者が追い込まれることもあるのでしょう。

またのコメントをお待ちしております。
2005/11/06 (日) 13:09:32 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
hohさんのご質問の件
>> より多くの慰謝料を負担するというのはありのように・・・

おそらく「負担」ではなく「請求」かと思われますが、有りか無しかでお答えすると「有り」だと思われます。

請求金額はお好きなように設定すればいいと思いますが、それが判決で認められるかどうかは別の問題です。

また、相場とかけ離れた金額を請求することによるご主人の反応について、行動を起こす前に熟考されることをご検討下さい。

本来の目的を見失い、またそれを達成するための手段が適切でなかった場合、慰謝されるべき側の心が更に傷付く結果にもなりかねないのが不貞問題の難しいところとされています。

私は貴殿の状況詳細を存じ上げませんので、できれば専門家に相談して下さい。

また最後になりましたが、ここは管理人様が運営するブログであり、コメント欄については、管理人様の記事についての意見を述べる場であると存じます故、掲示板等に見られる利用方法および、一般的な法律相談を管理人様以外の人間に求めるには相応しくない場であると、私は認識しております。

あくまでも管理人様のご意向次第ではございますが、私個人宛てへの質問は今後ご遠慮頂き、しかるべき機関および他サイトの掲示板等でご相談されるのが懸命かと存じます。

管理人様、一投稿者としての出過ぎた発言を大変失礼致しました。

事案が事案だけに、正直申し上げて応援は致しかねますが、今後は一読者として、管理人様の経過については拝読させて頂きたく存じます。
2005/11/06 (日) 13:08:08 | URL | りょう #4tPc3CuY[ 編集]
りょうさんへ
コメントありがとうございました。

客観的且つ的確なご意見を本当にありがとうございます。

またのコメントをお待ちしております。
2005/11/06 (日) 13:05:33 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
シクラメンさんへ
コメントありがとうございました。

「自分がしたことは自分に返ってくる」というご意見には同感ですね。常々そのように思っております。いつかは自分も同じように愛する人間から引導を渡されてしまうのではないかと思っております。

それでも、いつ・どんな時も精一杯生きていきたいと考えております。それしか私にはできないので。。。不器用で申し訳ありません。

またのコメントをお待ちしております。
2005/11/06 (日) 13:03:33 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
kuroさんへ
コメントありがとうございました。

実はまったくうろたえてはおりません。当然のことと思っておりますので。。。

だからこそ、何をされてもめげることなく、いまも社会的に抹殺されずにすんでおります。

またのコメントをお待ちしております。
2005/11/06 (日) 12:58:36 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
ハナさんへ
コメントありがとうございました。

今後も応援をよろしくお願いいたします!
2005/11/06 (日) 12:55:36 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
アリアさんへ
そうですね、いたって当然のことだと思います。私も、なるべく「俺も悪いけどお前もやりすぎだろ」と思わないように心がけようと思っておりますが、人間ができていないせいか、思い出すとやはりひどすぎると思ってしまいます。当然向こうも同じ気持ちだと思います。

それではいつまで経っても堂々巡りで終わりのない戦になってしまいます。だからこそ法的な処置というものがあると思いますし、向こうからその場に戦いを持っていったので、私はおとなしくそれに従おうと思っております。

人間関係って本当に難しいと感じております。
2005/11/06 (日) 12:54:02 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
求償権についての質問
りょうさんに横から伺いたいのですが、その求償権を不倫相手が行使すると予想される場合、それを見込んでより多くの慰謝料を負担するというのはありのように思われますが、その辺りはいかがなんでしょう?どうせ夫が負担するなら多めに請求させてもらうというのは特におかしくもない主張に見えますが。
2005/11/06 (日) 11:52:30 | URL | hoh #-[ 編集]
時として
法律って時として加害者を助けて被害者を追い込むことがあるのですよね。不倫の例に限らず。法律だけで考えると誰が悪いかなんて進め方によってどうとでもなる。
だからこそ加害者側の謝罪の念が大切なんですけどねぇ・・・
これがなかなか。やっぱり自分優先になってしまいますね。これも人間の性か・・・
そういう意味では主様はいたって人間的ということですな。
2005/11/06 (日) 01:00:55 | URL | エグ #-[ 編集]
気持ちはおいといて・・・
書かれた事実のみを見ると、いくら親子でも義父はこの場合あくまでも第三者。内容証明送付について本当に奥さんが知らないところで行われたのであれば、義父は娘婿の不貞の事実を利用して、不倫相手から慰謝料という名目の金品を恐喝しようとしてるだけだと判断される可能性があるのではないか。また借用書作成の経緯にしても、義父の発言が事実なら、立派な脅迫とも言える。

不貞は民法における貞操義務違反という違法行為であり、管理人様の現状は、どう考えても管理人様の自業自得だと私は思う。
だがこれが実話なら、元々自分のしでかしたことについての罪悪感が薄れてしまう気持ちも、人間の性として理解できなくはない。だからと言って如何なる理由があろうとも、現代の日本国民法上、不貞は罪とされている。

ただ、この調停が裁判に発展した場合、義父のせいで奥さんの方が不利になりそうな気がしてならない。法はあくまでも事実のみを客観的に判断するもので、その行為に至る背景や心情はあまり考慮されないのが実情だ。よって、娘のために犯した不法行為は、いくら娘婿が一方的に悪くても、立派な不法行為。管理人様が婚姻を継続し難い重大な事由として、親族との不和を掲げた場合、限りなく義父の行動は不利になるのではないか。娘を思っての行動が、逆に娘の首を締めている事になる。

それに被害者だからと言って、何をしても許されると言う訳ではない。配偶者の不貞行為がどれだけ愚かなことなのか、どれだけ傷つけられたのかを理解してもらいたいと言う気持ちは至極当然のことであり、時としてそれが攻撃的な形で表れるのもまた人間の性だろう。

管理人様ご夫婦の場合、いくら不貞行為を犯した方が悪いとは言え、被害者側のやり過ぎもよくないという典型的事例ではないか。

追記として、配偶者への慰謝料請求は行わず、配偶者の不倫相手のみに請求したのであれば、その不倫相手は配偶者に対して「求償権」を行使することで、相応分の慰謝料を負担してもらうことが認められている。慰謝料請求する側は、これを拒否したり責めることは出来ない。よって不倫相手が配偶者にこれを求めることは、被害者からの慰謝料請求と同様、民法にて認められている正当な権利である。

偉そうなことを書いてしまいましたが、不倫門外漢で、法の世界の片隅に身を置く者としての客観的な意見です。
2005/11/05 (土) 23:34:51 | URL | りょう #4tPc3CuY[ 編集]
全部読ませて頂きました
ほんっと身勝手な人ですね・・
奥さんや子供さんに対しての責任感なんて皆無だしね。
自分の血が繋がった子供さえも幸せに出来ないような人間が他人を幸せになんて出来ないと思うよ。
結局自己中しか出来ないことなんだろうが・・。
きっとご自分が周囲にしている事が
長い人生の中で全て我が身に返って来る日が来ますよ。
2005/11/05 (土) 14:37:39 | URL | シクラメン #aIEkws7Q[ 編集]
義父と同じことする
娘が浮気されて傷ついてるのに、夫は愛人をかばってばかり。
慰謝料も請求しないと約束させる。
ふざけるな。
娘がそんな状態で泣いてたら、同じことします。
立ち直れないよう徹底的に叩きのめしますね。社会的に抹殺してやります。お金も時間もあれば裁判になっても引きません。
被害者みたいあほなことほざいてますが「親の愛情」をなめてるんですか?
ましてこれほど自己中タイプの義父なら地獄を覚悟しないの甘すぎ夢見すぎです。
罵られるのも内容証明送るなんて普通のこと。
この程度でうろたえるくらいなら浮気しないでくださいよ。
2005/11/04 (金) 10:38:45 | URL | kuro #-[ 編集]
はじめまして
こんにちは。初めて投稿します。

ご自分の奥様にも、娘さんと同じ思いをさせているはずなのに、ご自分の行動を全く省みることなく、彼女さんへの嫌がらせを強行するお義父様に対して、私は嫌悪感しかもてません。

この人の行動を親子愛ゆえのものとはとても考えられませんね。
表向きは「娘のため」でも「金になる」が本音では?

おっさん、ずっと応援していました。
奥様と、彼女さん、お二人の今後がより良い方向へ向うことを祈っています。残念ながら、最善の方法を私もまだ、見つけてはいないのですが、同じ世界に入り込んでしまった人間です。
頑張りましょうね。
2005/11/04 (金) 10:25:56 | URL | ハナ #b0T7LIBE[ 編集]
・・・いったって当然の経緯ですよね。(お義父さんが娘さんに内緒でっていうのも、親の立場からしたらよくわかりますもの。自分の娘に泣き寝入りさせたくなかったんでしょう。もう関わるなっていう親もいれば、制裁をって思う親もいらっしゃるでしょう。おっさん様だって、自分の娘さんの心が殺されたら、そう思っちゃいませんか?)彼女が、おっさん様に相談してる時点でどうかと思います。あなたは、レイプされたんですか?ちがうでしょ?なら自分で解決しなさいよ~って・・。(って、はたから見てるだけだからこう思っちゃう)思うんですが、この時点で、おっさん様ではなく彼女をどうにかしって気持ちだったんでしょうね。もう近づかせたくないとか。おっさん様の行動が、お義父さんの行動をエスカレートさせていたのでは?っと邪推してしまいます。それは、すべてにおいてそういえるのではないでしょうか?それを、私も悪いがそこまでしなくても・・・って感じに思われては、ますます泥沼化するだけなんじゃないかなって思います。
2005/11/04 (金) 07:40:51 | URL | アリア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。