おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停までのイキサツ8>>一難さって、また一難

トップ >>  

離婚調停までのイキサツ


不倫して、妻に離婚調停申し立て中のおっさんです。

会社で社長賞をもらい、喜ぶはずがなぜか急に泣き出した彼女。私が心配して理由を聞いても、「何でもない」と教えてくれませんでした。そして携帯で前の旦那に電話をしている様子でした。やっぱりゴールデンウィークに彼のところに行くのかな?俺はこのまま捨てられるのかな?と不安がよぎりました。
捨てられるというのは私の自分勝手な言い方で、ついに私との関係にきちんと決着をつけたいと考えているのかな、と思いました。そんなことを考えるだけで吐き気がしたので、またまた従業員に相談をしました。というより、この頃はほとんど毎日従業員に相談していたのですが。。。すると彼は「やっぱりもう無理だと思いますよ。○○さん(私の名前)のためにも、おそらく別れた方がいいんじゃないですか?とは言っても、○○さんが幸せなのが一番なので、彼女と別れないというのであれば応援はしますけど。」と、また別れる方向へ私を導きます。当然ですね。私が同じ相談を受けていれば、同じように答えていたと思います。

そしてついにゴールデンウィークに突入しました。私は家族を連れて小旅行をしました。でも運転中も、食事中も彼女のことが頭から離れません。忘れるために家族と来た旅行なのに、忘れるどころか、逆にほぼ一日中考えてしまいました。一緒にいる家族に申し訳ないと思いながらも、想いは膨らむばかりでした。そして夜中に携帯からメールを彼女に送ってみました。「別れるんだよね」というような内容で何回か送ってみましたが、返事は当然来ません。それは、休み中は家族と一緒にいることを考えてのことです。彼女はそういった気配りをする女性なのです。だから、返事が来ないことは分かっていながら、一方的にとにかく今の気持ちを伝えないと、という想いからメールをしておりました。

ゴールデンウィークの最終日に、突然彼女からメールが来ました。

「おっさんは勘違いしているよ」という内容でした。私は何がどうなっているのか分かりませんでしたが、またまた有頂天になり、心の中の小さい私が大勢で「まだ付き合ってくれるんだ~!!」と叫んでおりました。

そしてゴールデンウィークが終わり、彼女と1週間ぶりの再会。すごく緊張しました。でも、彼女はやさしく「自分の仕事について、いろいろと考えたかったんだよね。」と説明してくれました。要は、私との関係を悩んでいるというよりは、その時は仕事についてかなり悩んでいて、自分のパフォーマンスに対する満足がいかないのに、社長賞をもらって自分が情けない、というところから考え込んでしまったそうです。

私としては、付き合っているのだからそのようなことも私には相談をしてほしかったと伝えました。彼女のすべてを知りたいし、一喜一憂をともにしたいと考えていましたので、今度からは遠慮なく私に相談をしてほしいといいました。ただ、彼女からすると、そういった仕事のことに対する相談を、今までは元旦那にしていたし、彼からもいつもいいアドバイスを受けていたのでそうしただけなんです。私が一人で早とちりをして脳内解決して落ち込んでいただけでした。

この頃から、私は彼女に対して、また家族に対してケジメをつけないとまずいなと思い始めました。というのも、心底彼女に惚れ始めていたので、彼女に対して申し訳ないという気持ちと、何も知らない家族を裏切っているという家族に対しての申し訳ないという気持ちで押しつぶされそうになっていました。

早くどちらかに決めないと、全員が不幸になると思いました。ズルズルは良くない。ちゃんと考えよう。

毎日心の中で同じことを繰り返し繰り返し言っておりました。
でも、彼女といる時は本当に楽しくて、すっかり考えるのを忘れてしまい、家に帰るときに急に現実に引き戻され、自己嫌悪に陥っておりました。

でも、このように考えているのは私だけではなく、実は彼女もずーっと悩んでいました。そしてゴールデンウィークから1ヶ月くらい経ったある日、彼女から再び別れ話をされました。。。私は彼女から「別れよう」という言葉を聞くと、急に我を忘れるようになっていたので、この時も当然のように我を忘れていました。それまではカッコよく、ズルズルはよくない、なんて考えていたのに、彼女の一言でそんなことは吹き飛んでしまいました。そして、いつものように「何でだよ?!」と迫ってました。

彼女は、泣きながら私に訴えました。。。


こんなおっさんにエールを★
人気blogランキングで応援お願いします!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
一喜一憂しますよ!
アリアさん、いつもありがとうございます。
私は単純なので一喜一憂しますね。彼女がすべてだと考えておりましたので。バカみたいかもしれませんが、心を奪われるということは、こういうことだったんですね。
よく「野球バカ」とか「空手バカ」とか言うじゃないですか。僕はいつも「○○(彼女の名前)バカ」だと言ってました。
男ってバカですよね~。。。でも後悔はしてません!
2005/09/16 (金) 09:40:10 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
またひきのばし~ww
うちの夫さんも、私といても彼女のことずっと考えてるなぁ~って思うことありました。今もそうなのかなぁ?って思うときあります。
考えないようにしようとすればするほど、考えてしまうっていってました。みんなそんなもんですよね(笑)
なんか、彼女の言動で一喜一憂している姿はかわいらしいですねあ(失礼;)
2005/09/16 (金) 09:04:07 | URL | アリア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。