おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停までのイキサツ7>>ゴールデンウィーク

トップ >>  

離婚調停までのイキサツ


不倫して、妻に離婚調停申し立て中のおっさんです。

彼女から別れを告げられた私。同時に二人の女性を裏切っているという罪悪感から、ひどい自己嫌悪に陥りました。
頭の中でグルグルと同じことばかり考えました。「どうしたらみんな幸せになれるのかな?」と真剣に考えました。
こんなことに結論はあるわけもなく、彼女が嫌がっているのなら自分が身を引くのが一番よい決断なのでしょう。普通に考えたら誰でも同じ結論に至るはずです。相談できる人がいなかったため、私は一人で考えることが多く、余計ドツボにはまり込んでしまいました。そこで、私と彼女のことを知っている、自分のバーの従業員ならよいアドバイスをくれるだろうと思い、相談をしてみました。
でも、やっぱり答えは同じでした。

「○○さん(私の名前)が彼女から身を引くべきですよ」

当たり前か。。。と思うのですが、頭の中で「彼女と別れる」という状況を考えただけで、気分が悪くなり、吐き気をもようしました。それほど自分はこの女性のことが好きなのか、と改めて気づきました。

彼女には考え直してくれと伝えたのですが、「もうダメ」の一点張りで、もう本当に別れるのかな、と思いました。でも、ある日最後の話しをしようと食事に彼女を誘いました。そこで、かなり私の往生際が悪かったのですが、最後には「あきらめるよ」といい、その店を出ました。

店を出ると大雨が降っていて、タクシーまで送るといって傘に入れたのですが、急に彼女が「嫌いだけど、やっぱり大好きなの。。。」といってきました。私は有頂天になりかけましたが、「ありがとう。でも、だからつらいんだろ?俺と一緒にいるのが嫌なんだろ?」と言いました。すると彼女は「そうだけど。。。」と言って私の手をギュっと握りました。私は我慢できず「ごめんな。。。」と言いながら、彼女を強く抱きしめました。
そしてお互いに気持ちがあるのを確認できました。「今日は一緒にいよう」と私が言い、彼女もうなずきました。

その後、前のように関係は復活しました。ただ、ふとした時に彼女は寂しそうな顔をしておりました。そんな時、ゴールデンウィークが近づいてきて、彼女は実家に帰省すると言いました。
彼女はバツイチで前の旦那が彼女の実家の方で仕事をしておりました。以前からその話は聞いており、その旦那と別れ際に彼女が30歳までに彼氏がいなかったら、子供を作ろうという約束をしておりました。彼女も、元旦那も子供はほしいと思っていたからです。そして、お互いのことが嫌いになって別れたのではなく、生活や仕事の環境などの理由により別れたのでした。

このような話を聞いていた私としては、今その旦那に近づけたらまずい!と思い、非常に焦りました。

そしてゴールデンウィークに入る直前の日、彼女は会社で前四半期の社長賞(よくがんばりましたで賞)を受賞しました。せっかく認めてもらっているのに、彼女は泣きながらどこかへ行ってしまいました。私は当然気になり、どうしたのか訊ねましたが、「何でもない、今は話したくないの。。。」と言うだけで何も教えてくれませんでした。私の頭の中は真っ白になり、また別れを切り出されるのか?!と考え始め、何も手につかなくなりました。

そして理由を聞けないままゴールデンウィークに突入してしまいました。。。。


こんなおっさんにエールを★
人気blogランキングで応援お願いします!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
アリアさん
再び、ありがとうございます。
早速リンクを張らせていただきました。

また寄りま~す!
2005/09/15 (木) 14:08:48 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
わたしってこどもだなぁ・・
なんか、こんなつたない内容にも、ちゃんとお返事いただけてうれしいです。
私の場合、不倫相手さんに、
「こんなことするなら、家庭を壊す覚悟でしてください。旦那さんを私にください、別れてくださいって言いにきて」っていいましたw・・・苦笑されましたが。

リンクぜひお願いいたします♪
またぜひいらしてください。
時々の気分で、むちゃを書くこともありますが、なんでも遠慮なく書き込んでくださいね。
2005/09/15 (木) 11:35:35 | URL | アリア #-[ 編集]
だまされたのかな。。。
アリアさん、いつもありがとうございます。
でも私はだまされたとは思っていません。
彼女は本気で「嫌だ」と思っていましたし、それを私にぶつけてきました。
私の方が本当にしつこく「別れないで~!」と未練たらしく迫っていたんです。
今回の記事だとそこをうまく伝えられなかったので、申し訳ありません。。。
でも、彼女は本当に心優しい女性で、妻から奪おう、とは毛頭思っていないんですよ。次回以降でそこらへんも書くようにします。
2005/09/15 (木) 09:28:31 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
ちょっとだけ・・・(聞き流して)
あぁ~、ここまでだったら、彼女すごいやな女だ~~!!(私が妻の立場だから?)
だって、散々別れたほうがいいとか、終わりにするとかって、結局できないってか、引き止めてるし・・・。
なんか計算っぽい・・・。
・・・ってごめんなさい、ひがみかも。
でもでも、男の人って、この手にわりとだまされちゃうんですよね。
ってか、奥さん幸せじゃないんでは?
2005/09/14 (水) 20:24:39 | URL | アリア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。