おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停体験記9:うかつな行動をまたも?!

トップ >>  

離婚調停体験記


不倫して、妻に離婚調停申し立て中のおっさんです。

「調停までのイキサツ」の中でもあまり具体的なことは触れていなかったと思うのですが、離婚調停を私が申し立てる少し前に、妻から彼女に対して、婚姻生活を著しく妨害したということで慰謝料請求の裁判を起こしておりました。(慰謝料請求裁判の詳細はこちら)私も彼女も仕事をしながら弁護士に会って打ち合わせをしたり、陳述書を作成したり、証人尋問を受けに裁判所に行ったりでかなり苦労をしました。もちろん100%彼女に誠意を見せて協力をしたおかげで、少しは私の信頼は回復したという思わぬ良い副作用はあったのですが、それでも半年にも及ぶ裁判はかなり大変でした。そして、そんな大変だった裁判に決着が着いたのは、私の第3回目の離婚調停が終わったおよそ2ヵ月後というタイミングでした。
(裁判など離婚にまつわる法律に関する書籍は離婚図書館で紹介しております)
判決が出る前に、離婚調停で離婚しても良いことを認めてしまうと、裁判の方に多少影響を及ぼすということもあったのでしょう。だから私の離婚調停はまったくの不調に終わってしまったのだと、その頃も少しは考えていたのですが、妻は、と言うよりかは妻の義父はその上をいっておりました。(さすがです)

私が求めている面接交渉権を、断ることは当然裁判では良い印象を与えないので、離婚調停の方でも面接交渉権は進めようという態度を見せていたのです。そして、弁護士同士の話し合いにすれば、忙しくてなかなか会えないということも装えて時間を稼ぐことができる、ということだったのです。
面接交渉権など子供に関連する書籍は離婚図書館で紹介しております)

では、何のために時間を稼ぐ必要があったのか?

それは判決が出るのを待っていたのです。

正確に言うと、判決が出た後に私と彼女が会うのを待っていたのです。

どのように考えても、判決で妻側が負けることはなかったので、あとは慰謝料の金額の問題でした。そして判決文には100万円の慰謝料を支払うように、と記載されておりました。当然普通の会社員である彼女にとっては、100万円と言うのは小金ではありません。支払いに関して、責任の一端を担っている私に相談をして、一部負担をするように求めるだろうと妻と義父は考えていたようです。

相手がそのように考えていることもつゆ知らず、私はノコノコと彼女の家へその支払いをどのようにするのかの相談に乗りに行きました。相手の思う壺です。。。

外で話しても良かったのかもしれませんが、内容がセンシティブなことと、時間もかかるだろうということで彼女の家へ行ったのですが、思いのほか話が長引き、終電もなくなってしまい泊まらせてもらうことにしました。(この行動もうかつだったのですが)

そして、妻と義父は、私のこの行動をまたも探偵を使って会っている証拠をとっておりました。(私も学習能力がないですね。。汗)ただし、それ以降もおそらくは探偵をつけていたのだと思うのですが、私達は会っていなかったので証拠は取られることはありませんでした。

ここで話を前回の続きに戻すのですが、一大決心をして妻に会いに行って空振りに終わった週末が過ぎ、明けた月曜日に妻の弁護士から私の弁護士宛に一通のファックスが届きました。内容は;妻に私が会いに行って非常に精神的に苦痛を感じたこと、そしてお互いに弁護士を雇っているので今後一切このような行動をしてもらっては困るので、やり取りのすべてを弁護士を通じて行うように、というものでした。そして面接交渉権に関しても、ひどく衝撃を受ける出来事があったので、しばらくは話し合いを続けることはできない、ということが記載されておりました。

私は、自分が会いに行ったことがそんなに衝撃だったのか?と不振に思い、自分の弁護士にそんなことはあるだろうかと聞くとニュアンス的に何か違うような気がする、と言いました。

何か得体の知れない胸騒ぎがしたのですが、その1週間後くらいに理由が分かりました。

その衝撃とは、探偵からの報告書が届いたということで、それを見ていまだに彼女と付き合っていることが分かったということでした。

冗談じゃない!そんなことはないのは分かっているのに、ただ単に会っているところを狙い撃ちにしているだけではないか、と憤りを感じました。

しかし妻と義父のやり方はプロそのものなので、再びその証拠を持って彼女に対して慰謝料請求裁判の申し立てを行いました。

1ヵ月半前に判決が出たばかりのことを、再度裁判として申し立てられるのか?ということがまったく腑に落ちず、彼女の弁護士とも話し合ったのですが、裁判所がどのように判断するか微妙だということでした。一事不再理と判断される可能性もあるということで、その場合は慰謝料請求裁判の申し立てが棄却される可能性もあるとのことでした。そして、そのように裁判所に話をしに行ってくれると彼女の弁護士は言ってくれました。

しかし、裁判所は、判決が出てからの約2ヶ月間の婚姻生活を妨害するものとして請求を認め、再び裁判をすることになりました。。。

こんなおっさんにエールを★
人気ブログランキングへで応援お願いします!

スポンサーサイト

テーマ:離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活


コメント
この記事へのコメント
不倫中毒さんへ
応援ありがとうございます。

また遊びに来てください!
2009/03/16 (月) 22:26:47 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
Re: 彼女とは…
コメントありがとうございます。

難しい状況ですよね。

彼はもしかしたら戻りたいのかもしれませんね。なので、そのようにできるように彼が感情的にならないように仕向けるのが一番良い方法だとは思いますが、ご自信も相当辛い思いをすることになると思います。それを耐えられるのであればそうしたほうが良いと思います。

個人的にはそう思いました。

またのコメントをお待ちしております!
2009/03/16 (月) 22:24:57 | URL | おっさん #-[ 編集]
初めまして!
大変そうですが頑張ってください!!また遊びにきます!
応援ポチッ♪
2009/03/16 (月) 16:59:36 | URL | 不倫中毒 #qNXjQhIg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/16 (月) 01:50:38 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/11 (水) 17:52:57 | | #[ 編集]
みよさんへ
コメントありがとうございます。

そうですか、見え見えですか。。。私には分かりませんがそう見えてしまうんですね。それが妻が感情的になってしまう原因になっているんでしょうね。

今後改善しないといけませんね。

子供と女どちらが大事かというご質問ですが、なぜ比較論になるのかが分かりません。

どちらも大事だと思います。

今でも子供はとても大事で、いつも彼女らのことは考えております。(会えてませんが。。。)

ただ、これは当事者しか分からないことなので、理解していただこうとは思っておりません。おそらく理解はできないとも思いますし。

またのコメントをお待ちしております!
2009/03/11 (水) 00:00:27 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
ヒナソウさんへ
お久しぶりですね。またのコメントありがとうございます。

別に欲望を抑えられなかったわけではないんですが、おっしゃるように、私は自分勝手な行動をしていますよね。

私がこの先誰と一緒になるかは分かりませんが、幸せになるかどうかはたぶん誰にも分からないことだと思っております。ただ、以前にもどなたかのコメントでも同じことが書いてあったので、申し上げたのですが、幸せは自分で掴み取るもの、作り上げるもの、感じるものだと思っているので、私は間違いなくこの先の人生は幸せに生きると思いますー!

応援をしていただいてありがとうございます!

またのコメントをお待ちしております。
2009/03/10 (火) 23:53:29 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
一気に読んで
おっさんさんは離婚して女と一緒になろうと思ってるのが見え見えですよ。本当に女が関係なく奥さんとの夫婦関係で離婚というのならばまず女と連絡をとらないし会わないでしょうし。完全に続いてますね。この離婚調停はおっさんが女と一緒になる為の離婚裁判です。もう少し奥さんや周りの人達の気持ち解ってあげて下さい。もっと人間らしく。天に向かって吐いた唾は自分に必ず返ってきますよ。あなたは自分の事しか考えてなさすぎです。子供の事考えてあげて下さい。子供より女ですか?
2009/03/10 (火) 11:24:42 | URL | みよ #0blYpn9Y[ 編集]
全く同意です…。
話が長引いたから終電がなくなって泊まったって…何もないだなんて誰も信用しないですよ(笑)裁判中のの大事な時期に欲望も抑えられないとは…。周りの人をみんな不幸にしてますよね…奥さんが本当にかわいそう。必死に闘っていて気の毒です。
平和が一番幸せなのに…周りの人を悲しませて…不倫の二人は自分勝手で…妻子持ちに手を出す女は女同士の掟をわかっておらず最低。二人は一緒になっても幸せにならないですよ。
2009/03/10 (火) 00:35:29 | URL | ヒナソウ #v8QjPvAY[ 編集]
arienさん
コメントありがとうございます!

そうなんですよ、おっしゃるとおりで誰も信じないんですよね。ww

でもまぁ、そんなことをしてしまう人間なんですよね、私は。間抜けというか、無神経というか、あとから考えると不思議なんですが、その時は当然のように思って行動しておりました。

今後はこういったことがないように、気をつけるようにしてます!

ありがとうございました。
2009/02/27 (金) 22:59:21 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
>外で話しても良かったのかもしれませんが、内容がセンシティブなことと、時間もかかるだろうということで彼女の家へ行ったのですが、思いのほか話が長引き、終電もなくなってしまい泊まらせてもらうことにしました。(この行動もうかつだったのですが)

うかつも何も不倫裁判で訴えられてる人らがやる行動じゃないでしょうが。それでその日何もない、って誰が信じるっていうのか…馬鹿じゃね?としか思えん。ネタ?
2009/02/22 (日) 21:41:56 | URL | arien #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。