おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停体験記2:調停の準備~まずはすべてのことの整理を

トップ >>  

離婚調停体験記


不倫して、妻に離婚調停申し立て中のおっさんです。

離婚調停の申立をする決意をした私は、きっかけとなった自らの不倫行為からのことを時系列に年表にまとめるようにと弁護士の先生に言われました。もちろん、それ以前のこともポイントとなることは、生年月日や最終学歴、いつどこで妻とであって、結婚はいつでなどのことも年表には記載します。

調停はあくまでも話し合いの場ですが、それでも理論的に議論を進める上でも正確にことの成り行きを調停員に説明しなければならないそうです。さらに、私はそこまで考えておりませんでしたが、その先に離婚裁判を行う場合はなおのこと、だそうです。
思い出せる限り事細かに年表を作るようにと弁護士の先生には言われましたが、いざやろうとすると意外と難しいんですよね。自分のことだから簡単だと思っておりましたが、私は日記をつけるような人間ではなかったので、正確な日付を思い出すのには苦労しました。

私が家を出てからの嫌がらせに関しては、直近のことでしたし、何か起きた際には手帳に記していたので完璧に記載することができたのですが、それ以前のことで、特に彼女との不倫についてのことは、逆に証拠を残すまいとしていた行為でしたので、何も記録がなく、自らの記憶を頼るしかありませんでした。

完成した後に思ったのですが、年表を作る行為はとても有効でした。よく、転職する際に年表を作って客観的に自らを見直そう、と言いますが、本当に客観的に自らの行為を見直すことができて、あらためて自分の愚かな行為やどれほど他人に迷惑をかけていたのかが分かりました。

さらにこの年表が活きたことがありました。それは彼女が訴えられていた裁判で、彼女側の弁護士から私も陳述書を準備するように言われたからです。その陳述書を書くにあたって、この年表はとても役に立ちました。

年表を書き終えて、弁護士の先生と再度ことの成り行きを再度確認した後に、一連の嫌がらせ行為の証拠品、ファックスやら手紙やら新聞やらを用意して、いよいよ調停の準備が整いました。。。

こんなおっさんにエールを★
人気blogランキングで応援お願いします!


スポンサーサイト

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活


コメント
この記事へのコメント
匿名さんへ
コメントありがとうございます。

>彼女の精神面は大丈夫なの?
おそらく大丈夫だと思います。

>奥さんに出来る限りの事はしてあげてね。
はい、誠意ある対応はしたいと思います。

またのコメントをお待ちしております。
2006/12/17 (日) 23:33:07 | URL | おっさん #LqzTfC8E[ 編集]
彼女の精神面は大丈夫なの?
ブログ更新されてないからどうなんだろって思って…。

奥さんに出来る限りの事はしてあげてね。
2006/12/13 (水) 20:43:03 | URL | 匿名 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。