おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停までに考えておいた方がよいこと

トップ >>  

調停離婚の基礎知識


離婚調停を申し立てる前に必ず考えておきたいことは、子供がいる場合は必ず子供に関する諸問題をまず第一に考えてください。子供に関する諸問題とは養育費親権、それに面接交渉権です。それぞれについての詳細はリンクを見ていただければと思いますが、とにかく子供は親の被害者になるわけだと私は思うので、子供のことを優先的に考えてあげましょう。
[ 離婚調停までに考えておいた方がよいこと ] の続きを読む
スポンサーサイト

離婚調停申し立ての手続きについて

トップ >>  

調停離婚の基礎知識


離婚調停申し立ての流れ
離婚調停を申し立てる場合、まずは申立書の作成が必要です。全国どこの家庭裁判所の窓口にも定型化された申立書が備えてあり、無料でもらえます。東京家庭裁判所など一部の裁判所では、出向かなくてもFAXで簡単に申立書とサンプルを入手できます。この用紙に、離婚調停申立の趣旨、申立の実情など必要な事項を記入すれば申立書は作成できます。

同居している時は二人の住所地の家庭裁判所に、別居している時は相手の住所地の家庭裁判所に調停申立書を出します。夫婦の戸籍謄本一通が必要です。その他に夫婦関係の破綻を示す資料があれば一緒に添付。申し立て人の印鑑が必要です。夫婦以外の第三者が申立人となることはできません。

調停申立書の書き方

▼申立ての趣旨
親権者、養育費、財産分与、慰謝料の金額は、申立人の希望額を記載します。その金額を基準に調停の場で調整されていくことになります。

▼申立ての実情
離婚を決意するまでに至った事情と経緯を簡潔に記入します。調停の場で、いくらでもその詳細について説明する機会を与えてくれますので、事情、いきさつがわかってもらえないのではと心配する必要はまったくありません。

※いままでの事情を詳しく書きたい場合には、申請書に「別紙のとおり」と記載し、別紙を添付することもできます。

※申立て後に「準備書面」というかたちで詳しい事情を記載したものを提出して、調停委員に読んでもらうこともできます(相手にも読ませたいのであれば二通用意します)。

※診断書の写しや不貞の証拠などがあれば提出することもできますが、不調になって離婚裁判となる可能性もありますので、相手にあまり手の内をさらけ出したくないという思惑もあります。その場合には、調停委員に、内緒にしてくれるよう申し出ておくのを忘れないようにしましょう。

離婚調停申し立ての費用
費用は印紙代900円、呼び出し通知の切手代約800円(各裁判所で異なります)程度。

離婚調停を申し立てる裁判所

離婚調停を申し立てる家庭裁判所は次のうちのどちらかです。

相手方の住所地の家庭裁判所
夫婦が合意して決める家庭裁判所
全国どこの家庭裁判所でも都合のよいところを選べます。管轄合意書を作り本来の管轄裁判所に通知します。
※相手方の管轄裁判所に出向けない場合は、自分の住所地である家庭裁判所に自庁処理の上申書を添えて調停の申立をします。特別な事情がある場合には認められる可能性があります。


このようにして、あとは日程が決まりますので、その日程に裁判所へ出頭するという流れになります。

離婚調停を申し立てるメリット

トップ >>  

調停離婚の基礎知識


離婚で発生する諸問題を同時に解決できる

離婚そのものに限らず、親権者・監護者、養育費、財産分与、慰謝料、婚姻費用、面接交渉など離婚に関するあらゆる問題を同時に解決できます。

離婚の意思は双方合致しているけれど、その他の問題が解決されていないため協議離婚ができないような場合でも、調停を申し立てることができます。

また、調停の場では、家事審判官調停委員の前で離婚に至った事情を説明しなければなりませんが、家事審判官や調停委員には、担当した事件についての秘密保持義務がありますし、調停そのものは非公開で行われますので、個人のプライバシーが外部にもれることはありません。裁判離婚では、裁判の審理そのものが公開の場で行われますので、他人に聞かれたくないことも秘密にすることができません。



離婚調停の申し立てについて

トップ >>  

調停離婚の基礎知識


離婚するか迷っていても調停の申立ては可能!

離婚すべきか気持ちがはっきり決まらなくて迷っている状況でも調停を申し立てることができます。家庭裁判所の夫婦関係に関する調停は、広く「夫婦関係調整調停」と分類されていて、離婚を求めるものだけではなく、それぞれの夫婦の悩みに合わせて裁判所が夫婦関係の仲裁をしてくれるものです。


離婚の理由は特に問われません

調停の申立てに法律的な離婚理由は必要ありません。有責配偶者からの申し立てかどうかは問われず、有責者からの調停申立も認められます。調停申立書は、家庭裁判所で入手でき、その申立て動機欄には以下のように例示されています。これを見ていると、理由としては何でも「あり」です。

だから私のような有責配偶者離婚調停の申し立てをしているわけです。
ようは、調停とはあくまでも「話し合いの場」だからということです。

<動機の例示>
・性格があわない
・異性関係
・暴力をふるう
・酒を飲みすぎる
・性的不満
・浪費する
・異常性格
・病気
・精神的に虐待する
・家庭をすててかえりみない
・家族と折合いが悪い
・同居に応じない
・生活費を渡さない
・その他








ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。