おっさんの離婚調停

―― 不倫、別居、そして離婚調停申立へ・・・ / since 2005,8,28
おっさんの離婚調停
社内不倫が発覚したため、妻からひどい嫌がらせを受けて別居をした「おっさん」が、妻と離婚するために離婚調停を申立てた全過程を体験談として公開。 離婚調停前に調べた離婚に関する豆知識も伝授。

[PR] たくさん、がまんしてきたあなたへ [PR] 夫婦のコミュニケーション [PR] 行列のできる出会い系サイト相談所

スポンサーサイト

トップ >>  

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律扶助制度(弁護士費用がない方へ)

トップ >>  

法律扶助制度


経済的理由から弁護士費用が払えない方には、「法律扶助制度」という制度があります。これは法律扶助協会が、国、地方自治体、弁護士会、日本財団などの援助を受けて行っています。弁護料が用意できない場合には、各都道府県単位で存在する法律扶助協会から弁護料の支払いを立て替えてもらって、そこに毎月分割払いで返済する、という仕組みになっております。

当然ですが、この制度を利用するには収入が一定額以下であることと、事件について勝訴の見込みがあるかまたは事件の内容からして弁護士をつけるのが妥当なこと等の用件を満たすことが必要です。


◆法律扶助制度を利用するための条件◆

・自力で弁護士費用が負担できないこと。
 資力の基準/月収(賞与を含む手取り額)

・2人家族(25万1000円以下)・3人家族(27万2000円以下)・4人家族(29万9000円以下)
東京都は収入基準が変わります。
・2人家族(27万6000円以下)・3人家族(29万9000円以下)・4人家族(32万8000円以下)

・勝訴の見こみがあること。これには、示談、和解、調停などの解決の見こみがあるものも含まれます。
スポンサーサイト





ホーム 「離婚調停までのイキサツ」目次 人気blogランキング リンクについて 離婚調停関連書籍 総合離婚情報 離婚調停掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。